« 再会 | トップページ | 授業で育てる »

2011年6月 9日 (木)

笑いと語り

学級づくり・授業づくりのために毎日のように子どもたちに語っています。

・「学ぶ」とはどんなことなのか

・「集団で過ごすこと」にはどんな価値があるのか

・「6年生として成長する・力をつける」にはどう考え行動していけばいいのか

説教臭くならずに、短くわかりやすくなるには何をどう話せばいいかが難しいです。自分の例・歴史上の人物の寓話などを取り入れ具体的にわかるようにしています。子どもたちに何を話すべきかは常に考えていますが、話すタイミングは機会をとらえて、のことが多いので内容はその場その場で変わります。内容を省くこともあれば付け加えることもあります。気が付けば、ついだらだらと語り続けていることも・・・。本当に子どもたちの心に響いているのでしょうか。

心がけていることは、この話の中に必ず「笑い」を取り入れることです。響いているかはわかりませんが、「よく笑う」子たちにはなってきました。子どもたちが基本的に素直であることの証ですね。

« 再会 | トップページ | 授業で育てる »

学校・教室」カテゴリの記事

コメント

中学生になり子供達が騒いでも全く注意しない先生がいます。

「自分が後で困るんだから僕には注意する気はないしそんな優しくないんで君たちがどうなろうと関係ありません」と言われたそうです。

いつも子供の事を考えて下さるho先生は素晴らしいと思います。

思春期になる前の大事な時期をho先生と過ごせた事を感謝しております。

みんなが騒いでもho先生のクラスだった子供達はどの子供も他に混じらず真面目で人にも優しくしてます。

先生にはしっかりとした土台を作っていただいたと感謝しております。ありがとうございました。

ありがとうございます。もったいないほどのお言葉です。みんな中間試験が終わってもますます頑張っている様子を耳にしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11301/51902694

この記事へのトラックバック一覧です: 笑いと語り:

« 再会 | トップページ | 授業で育てる »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ