« 学び | トップページ | 愛用の »

2011年6月13日 (月)

時間を守る

子ども達には時間を守ることを繰り返し指導していきます。

これは言って聞かせるだけではだめです。

まずは、教師が守ることです。

授業の終わりの時刻は特に伸ばすことはありません。

教室の一人一仕事にも、「あと5分です」という係を設け、授業終了時刻の5分前に言わせるようにしています。もちろん教師のためにもなりますが、(本当は45分の授業時間の長さぐらいは体感していますが)子どもたちのためにもなります。

「あと5分でこの授業が終わる」という意識が、この授業が収束に向かうことを感じさせ自分の作業の進み具合を見つめさせることにもつながります。これまで授業時間を延ばしたことはほとんどありません。(正確に言うと1分延長が一度だけ、子ども達の要請で5分延長が1度だけです)

4月は、おしゃべりが止めどもなく続き、私が授業を始めても知らん顔の子が大多数でした。

今は大多数の子たちがすっと授業に入ってきます。残り一部の子たちとの戦いを静かに進行中です。

« 学び | トップページ | 愛用の »

学校・教室」カテゴリの記事

コメント

我が家で今一番の問題はまさに時間です。

毎朝人を待たせてギリギリまで支度をする姉

時間に余裕を持ち朝食もすませ玄関で姉を待っている妹

同じ姉妹でも時間の使い方がかなり違い
子供の頃の時間の教育は本当に大切だと実感しております。

先生の指導は子供にとっても親にとっても将来役立つ大事な事だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11301/51939421

この記事へのトラックバック一覧です: 時間を守る:

« 学び | トップページ | 愛用の »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ