« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

新学期スタート

このところはしっかり4:30に目覚めます。この朝の時間が貴重ですので、1日のリズムとしては良いスタートです。

子どもたちは元気に登校してきました。

長い休みの後で、かなりの落ち込みを心配していましたが、予想よりも子ども達の動きは良かったです。子ども達も動きなおそうとしているのです。ちょっとほっとしました。

子どもたちがいる午前中は良かったのですが、午後からは3つの会議のはしごでした。

完全に途中で意識が遠のきました。明日からが思いやられます。

2011年8月30日 (火)

新学期への打ち合わせ

午前は、急の葬儀が入り、終わり次第学校へ。

ようやく学年スタッフがそろう時間が30分程度でき、打ち合わせを実施しました。

いくつか意見交換をして、ほぼ自分の原案通り進めることになりましたが、やはりもう少し見通しをもって詰める必要がありました。反省です。

午後は全体研修会。その後は学習発表会についての指導工程の打ち合わせです。

こちらは1学期末に大筋の合意ができていましたが、具体的な内容についてはかなりの合意と共通理解が必要です。こちらもかなりの課題が残りました。一つずつ詰めていきたいと思います。

2011年8月29日 (月)

子ども県議会の報告

午前中は健康増進センターへ。

年に1度の健康診断を受け、かなりお医者さんに叱られてきました。

そろそろ本格的に節制を考えなければいけません。

午後学校に戻り、登校してきた子達と簡単なリハーサル。

そのあとタクシーで市教委へ出向き、題名の報告会を行いました。

2011082914410000

2名はここでも堂々と発表。大したものです。

その後は学校に戻り、新学期の様々な調整に追われました。

学年スタッフがそろわず、細かな打ち合わせができていないのが気がかりですが、また明日です。

2011年8月27日 (土)

「痩せたね」

かなり以前から教え子に「ぜひ来てください」と誘われていたブラスバンド部のコンサートに行ってきました。

中学生のブラスバンドといっても最近は侮れません。素晴らしい演奏でした。

2011082714400000_r

ステージ上の2人の教え子の表情も前向きさが伝わり、いい環境で中学校生活を成長の糧にしていることがわかりました。感動をもらえました。

演奏会終了後は、しばらく教え子や過去の保護者の方と情報交換です。

もう10年以上も前に1年生を1年間だけ担任した方からも、温かい言葉をかけてもらいました。一方で、会うほとんどの方から「痩せましたね」と声をかけられるのです。喜ぶべきなのでしょうか?

再開

しばらくblogの更新が止まってしまいました。さほど忙しい日々を過ごしていたわけではないでですが…。

ともかくよくない傾向ですので、これからさかのぼって更新します。

2011年8月26日 (金)

子ども県議会

朝は大雨で、通勤時間の最長を更新です。なんと70分もかかりました。とにかく天候に左右される通勤路です。ますます冬が思いやられます。

町の中心部はいたるところで冠水していました。

陸上の指導を終えて、県庁へ。毎日大きな出張が続きます。

子ども県議会を傍聴しました。学校からは2名の参加で、担任している子も他のクラスの子も大活躍でした。これも貴重な経験を積んでいます。

傍聴しつつ、市の教育委員会への報告会の原稿を完成。

県の議場に入るのは、自身にとっても初体験で、「大人の社会見学」にもなり、大満足でした。

2011082611280000

2011年8月25日 (木)

シンガポールの小学校と交流

2011082510470000 2011082510470001

2011082510590000

急に夏休み中に降ってわいた企画なのですが、若手の活躍で無事成功させました。

skypeを使ってのテレビ会議だったので、やや回線が不安定で、画像はフリーズすることしばしばでしたが、音声はとてもクリアでした。

夏季休業中ということもあり、希望者のみの交流会だったのはやむをえません。もはや大がかりな国際交流がもてはやされる時代ではありませんが、参加した子どもたちにとっての意義は大きかったでしょう。

自分にとっても異国とのリアルタイムの交流経験は刺激的でした。

午後は、光陽小に出張し、9月の授業研の検討に参加しました。ここでもみっちり頭を使いました。かなり2学期モードに入ってきたと思います。





2011年8月24日 (水)

登校日

夏休み唯一の登校日です。

唯一といえば少ないですが、夏休み前半に5日ほど学習会や水泳教室を設定していましたし、明日からは2学期に備えて毎日陸上練習が続きます。

実質かなりの子どもたちに会っているわけですが、それでも終業式以来の子もいます。それぞれに身長がやや伸びて、少しはにかんでいる様子が印象的でした。

毎年いつも夏休み終盤に思うことですが、子どもたちに合わせるのって本当に体力を知らず知らずに使うことがわかります。子どもたちが帰った後はぐったりでした。

この後はきちんと子どもたちの元気を吸い取ってやれるよう(笑)備えていこうと思います。

2011年8月22日 (月)

梨を購入

2011082214160000

勤務先が梨の一大産地ということで、仕事帰りに生産組合に寄り、たくさん購入して様々なところに送付しました。 生産組合の駐車場に車を止めると長蛇の列ができていて驚きましたが、これは規格外の割安の梨を求める列だとのことです。 今年はちょっと出来が遅れている模様です。

2011年8月21日 (日)

レクリエーション

子どもが所属する野球部のレクリエーションに出かけました。

今年は父母の会副会長ということで、会長のサポートをしながら、地道に働きました。

監督やコーチの送迎、バーベキューの会計など・・・書ききれません。

もちろん子どものレクリエーションも担当しました。水鉄砲にちょっとした小道具で楽しく遊ばせることができます。

P1060686_r

子どもに食べさせるバーベキュー担当の大人たちにしっかり90分程度「大人だけの時間」を作ることができました。これが何と言っても一番喜ばれたことでしょう。

2011年8月18日 (木)

最近の読書&勉強

奇跡的にお盆期間にまとめて取れた休暇です。こんなことは教員人生初のことです。

だらだらしないように、とある程度目標を課して過ごしてきました。残り2日です。あとはほぼ休みはありません。

目標は次の2つです。

① 2学期からの指針となる骨太な構想を持つこと

② 教育法規や教育の最新事情に関する学びを始めること

自己評価では①はまずまず、②はまだまだこれから、といったところでしょうか?

夏休み期間に読んだ本(雑誌やななめ読みも含む)も30冊を超えました。まだまだ集めて読みたいと考えています。

この間、子どもの宿題の面倒を見ること、適度に子どもや家族で息抜きをすることもしっかりやっていますから、いい休みが取れていると思っています。

2011年8月17日 (水)

夏の風物詩

夏の風物といわれて思い当たるものは、定番もあるでしょうが、個人的にも様々なものがあるでしょう。

自分の場合はこれが当てはまります。

2011081710440000

自分が通っていた高校の前にあるお店のかき氷です。

普段はモナカをよく買って帰りますが、盛夏にはやはりこれです。

食べながら数年ぶりであることを思い出しました。

2011年8月14日 (日)

お盆2

午前中は担任している子たちのサッカー観戦に出かけてきました。

県内外から40チームが集まる大きな規模の大会でした。何しろサッカー場が7面あり、一斉に試合が行われているので、子ども達を見つけるのが何よりも大変です。会場を2周半してようやく発見(汗)。炎天下の中、一心にプレーしていました。

午後からは11年前に担任した子との約束があり大沢野へ。その子は高校生の時から長い期間引きこもっていたのですが、今、自立のきっかけをつかみつつあります。その子の念願だった事柄を一つ叶えてきました。

そのあとはその同級生の墓参りへ。墓が見つかるとは思わなかったのですが、奇遇にも見つかります。これも縁でしょうか。

2011年8月13日 (土)

お盆

墓参りに行ってきました。

父親の実家周辺はいつもの一面の稲穂とは違い、一面のひまわり畑でした。

P1160834_r

帰りはちょっと足をのばして、飛騨の白川郷まで。

夕日に染まる合掌造りがきれいでした。

帰省の途中に立ち寄る人も多いのでしょう。午後5時を過ぎてもたくさんの人で賑わっていました。

P1160849_r

2011年8月12日 (金)

日直業務

今日は日直業務です。大きな学校の結構煩雑な仕事をこなすとあっという間に退勤時間でした。

業務の中には、校区巡視なるものがあり、これをフルにこなすと1時間強かかります。

ゲームセンターや私設のプール、公立施設などを巡視して回りました。

前任校にもあった姉倉比売神社の姉妹社もあります。

2011081213350001

子ども達はお盆時期に入ったためか、この高めの気温のためか姿はまばらでしたが、巡視を通してこの校区の気づいていなかった特色もわかり、楽しい巡視となりました。

巡視から帰ってきたら、鍵の見回りでたっぷり1時間はかかります。この季節はこれが重労働でした。汗だくです。

2011年8月11日 (木)

全員が集合

前任校の職員の皆さんとの宴会がありました。

何と、全員が集合です。

昨年の職員室の環境がいかに優れていたかを物語ります。

当然話は弾み、いろんな話に花が咲きました。

2011年8月10日 (水)

日帰りで甲子園へ

家族で日帰りで甲子園へ行ってきました。

P1160766_r

P1160796_r_3

この家族旅行は、いくつもの偶然が重なって実現しました。

・家族の休みがたまたま一致した。

・子どもの野球練習がない日だった。

・思いがけずサンダーバードの指定がとれた。

やはり独特の雰囲気に、子どもたちは目を輝かせていました。

連れて行ってよかったです。

2011年8月 9日 (火)

素材探し

ホームセンターや文房具や、100円ショップ、本屋と素材集めの1日でした。

・長男と次男の自由研究グッズの購入。

・教室備品探し

・2学期の学級集会ネタの材料購入

・子どもの野球部のレクネタ材料購入

4つのミッションを無事終了しました。もちろん土日の休みでもできることですが、平日の休みを利用するとかなりの時間短縮です。

最後は本屋で教育書をザーッと眺めます。

教育雑誌は4誌定期購読をしていますが、また1誌魅力的なものを見つけました。

編集意図にとても明確な意思を感じますし、執筆者陣もとても力のある方ばかりです。

現在6号まで発行されているということで、大人買いをしてしましました。

出費は大きいですが、これで自分の見識が少しでも広がり、子ども達に帰っていくのならば安いものです。

2011年8月 8日 (月)

研修の1日

午前中は全体研修、午後からは部会研修と研修の1日でした。

午前の研修は、各自が学級経営についてのレポートを作成し、それをもとに学ぶというオーソドックスな研修でした。

どの先生も学級経営に関しては、個々の個性や経験則を生かして工夫しています。自分とは違う視点から学んだり、個々の哲学が感じられる内容に共感したりと学ぶことが多かった研修でした。

しかし、20名の報告を一方的に聞くだけだったのは何とももったいないです。いい材料を各自が準備したのだから、これを生かして、新しい学びや学校運営に資する内容を作り出すのが推進役の責務です。研修の進め方に関してはしっかり考えなければなりません。そこには自分の責務も当然あります。

午後は学年部会で2学期の公開授業についての検討を行いました。授業づくりの手順を確認できたのが収穫でした。ここでも自分の責任についていろいろ考えさせられました。

2011年8月 4日 (木)

小教研夏季研に参加した

小教研の夏季研修会に参加していきました。

この夏季研修は伝統的に行われているものですが、夏休み中に開催されるということもあり、日程としてゆとりがあり、座学だけではなく、体験を通して学べる仕掛けが今や大きな特徴となっています。

昨年度はこの研修の運営側でしたので、その苦労や運営側の醍醐味もよくわかります。

今年も、滑川・上市ゾーンの地域素材を使い、子どもの立場から「整理・分析」の手法を使って教材性を見出していくという魅力的な研修日程でした。

別の記事にもあるように、昼食は初めて大岩山日石寺のふもとの名物そうめんをいただきました。見た目もうまみものど越しもよく、「完璧なそうめん」でした。またこれだけ食べに訪れることもありそうです。

さて、巡検の後は研修室にこもって、巡検で得られた情報の整理・分析をグループで行いました。ここでは、ベン図や座標軸などの思考ツールを使用する体験をしました。思考ツールを使った研修については”技法に走るな”という反対意見もあったようです。しかし、それは教師側からの視点であり、経験則や名人芸の領域の話に終わりがちです。総合の研修部会が人気がないのは、ある意味、この分かりにくさにあると考えています。

また、子ども側に立ち、3学年から6学年にかけて何を積み上げていくかを考えたとき、何をもって教師が育ちを評価していくかについては、具体的にはこのような思考ツールの扱い方など、定点観測しやすいものでないと正確性を欠くような気もしています。課題を解決していく物差しになる技法・ツールなどはまだまだこの分野には不足しています。単なる「技法」から「手法」にまで高めるために教師が明らかな見通しを持つことが必要ですが、それはこの部分に限らず広く一般的にいえること。情緒的にばかり語られる研究は好きではありません。

もちろん自分自身も思考ツールの使い方については、いろんなヒントをいただけました。しかし、このような研修で考えることは、いつもこんなことばかりです。

大岩山のそうめん

大岩山のそうめん

ホタルイカミュージアム

ホタルイカミュージアム

2011年8月 3日 (水)

うれしい勘違い

水泳学習&補充学習会4日目。

水泳では、担当している子のうち一人を25m完泳直前まで導きました。

夏休み前は5~7mがせいぜいでしたので、大きな進歩です。

やはり目標に向かって真面目にコツコツ取り組む子は強いです。

昼前に前任校の教え子から突然着信があり驚きました。

近況を聞くことができよかったです。勘違いから電話をかけてしまったとのことでしたが、うれしい勘違いでした。

午後は校務運営委員会に参加、中座して研修資料を1本仕上げ、とある医院に向かいドクターと打ち合わせ、入院している子の見舞いと目まぐるしく動いた1日でした。さすがにぐったりです。

2011年8月 2日 (火)

充電

終日休みの日です。

休みではありますが、1日かけて提出事務に粛々と励みました。

じっくりと1学期の日々を思い出し、記録を作成していきました。

合間にはひたすら読書です。

フル充電の一日。こんな1日も必要です。

2011年8月 1日 (月)

2年ほど前から漠然と描いていた夢を今日叶えることができました。

幸せな1日でした。

夢といっても我が子がらみの小さなものですが…。

7年前に他界した父親との思い出もよみがえってきました。

この冬にはもう一つの夢をなんとか達成したいと思います。

お忍びで

子どもとの外出の帰りに、前任校の横を通りかかりました。

立ち寄るつもりはなかったのですが、プール解放をしていた時間帯で、プールサイドには懐かしい先生の姿が見えました。

車を信号の手前に寄せて、声をかけるとついいろんな話に花が咲き、30分近く話し込んでしまいました。数か月ぶりに見かけた子どもたちも、しっかりたくましく成長している様子でした。

職員室からも何人もの先生が出てこられ、近況報告をする羽目に…。楽しかったひと時でしたが、3月に植えた記念樹の調子が悪いとのこと。時々おしのびで様子を見に行くことになりそうです。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ