« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

本物に触れる

朝の会だけ実施して、JR呉羽駅から富山駅へ。劇団四季の「こころの劇場」に参加しました。

3列目という普通ではありえない席でミュージカルを鑑賞しました。

小学生だった自分に当てはめても、どれだけのものが心に残るかは疑問ではありますが、本物に触れるめったにない機会には間違いありません。

とりあえず自分自身は十分堪能しました。

また、四季劇場での演目を見たくなりました。

2011年10月30日 (日)

どこかで見た光景

今日は休養しつつ、仕事と読書の1日に充てました。

本当は少年野球のお世話があったのですが、家内に交代をお願い。寒い中で気の毒なことをしました。しかし、今日も出かけていたら、この寒空の中、体調を崩したに違いありません。

代わりに洗濯物など家事にも精を出しました。

午後遅くなってから、秋から冬までのつなぎの服がずいぶん古くなっていたので小1時間ほど買い物。気が付くと富山駅周辺は新幹線の高架がかなり出来上がっているのですね。

新鮮な思いで写真を撮りましたが、よく考えると関東や関西の周辺都市の光景と同じ・・・。一気に富山らしさがかき消されたような気がします。ちょっと複雑な思いです。

2011103015020000

さて、これから少年野球の父母会へ出席です。長男関係は今回で終了。次男の世代へ移りますが、あと向こう3年もあります。モチベーションが湧きません…。

2011年10月29日 (土)

高山へ

前任校の学習発表会参観の後は、急いで学校へ。

週末に社会科見学へ連れて行くので、学校で落ち合った同僚と下見に出かけました。

2011102916520000

ここでは定番のグループ散策を取り入れているので、懸念されることの確認が中心です。

ほぼ全てのことがクリアになったところで、ラーメンを食べて富山へ。

帰宅すると20:30でした。

高山は、以前訪問した時よりも観光地として洗練されていました。

コンビニも町屋と同系色に。

2011102916500000

今や、学校からはほぼ駆逐されている“お楽しみ系”の学校行事。

保護者から預かったお金で子どもたちを引率する以上、しっかり意義付けていきたいものです。

前任校の学習発表会へ

前任校の学習発表会に招待されていたので、楽しみに出かけました。

たっぷり癒されてきました。

2011102911490000

2011年10月26日 (水)

忙しい人ほど

忙しい人ほど、毎日ブログを更新する、といいます。

今後も忙しさにかまけて止まることもあるでしょうが、きっとそれは自分の能力を示していることになります。バロメーターになるよう努めていきたいものです。

2011年10月25日 (火)

エピソードで聴かせる

学習発表会練習期間中は、帰宅後は食事入浴後、すぐに休むことを心がけていました。力がないことは情けない限りですし、すべきこともたまっていくのは痛かったのですが、しっかり日々の運営に体力を温存していくことが第1でした。

課題は次に生かすとして、まずは無事乗り切ったので良しとしなければいけないと考えています。

学習発表会練習では、毎回99名という大所帯を動かすので、限られた時間で、自分なりにしっかり準備をして臨みました。

一番心がけたことは「その時その時の練習の意義を持たせて練習させること」です。

説教調になっては子どもたちの心には響きませんので、「エピソードで語る」ことを大切にしてきました。一見関係のないようなエピソードでも、いろんな「こと」が自分の表現につながることが理解されていくことが、子どもたちの日記を通してうかがうことができました。

自分自身の記録のために記しておきます。

・卒業までの残り日数の意義

・集団の劇はジグソーパズルに例えられる。

・なでしこジャパンの成功はサッカー技能の向上のほかにどんな秘密があったのか

・人は生まれた時から「人間」なのか

・本番の表現は「おまけ」に過ぎない

・努力曲線とは?

・今回の劇表現の成功は学習発表会当日の成功ではない

・「積み重ねる」ことの意味

まだ話したような気がします。もう忘れているのです・・・。情けない。思い出し次第追加します。

2011年10月23日 (日)

振休が重なったので

わが子の学習発表会と、勤務先のそれとが重なってしまいました。

特に長男にとっての小学校最後の学習発表会を見られないことは悲しかったのですが、振替休日も一緒。さらに家内の振休も重なりました。

めったにない機会ということで、行事の片づけが一段落したところで、年休を取って、湯快リゾートへ。

小学生連れの家族にとっては必要十分のサービスですね。ゆったりできました。

大きな節目の終了

大きな節目の行事が終了しました。

運動会に並ぶ大きな公開行事で、しかも子どもたちの育ちがストレートに伝わる行事でしたから、かなりのパワーを注入して準備を進めてきました。

学年99名を背負っての指導には、正直、精も根も使い果たしましたが、自分にとっても得られるもの大でした。指導力やそれに必要な知識もまだまだです。もっともっと子どもたちのために力をつけたい、そう強く振り返っています。

振休明けの子どもたちの感想が楽しみです。

そして次は、卒業式です。

2011年10月 8日 (土)

東京へ

2か月に1回の学習会のため東京へ。

前回欠席のため、4か月ぶりです。

今回の会場は秋葉原です。


東京観光

勉強会に参加する前に、午前中を使って社会科見学を行いました。

羽田空港で軽く下調べをしたものの、博物館・美術館はこれといって見たいものはなく、江戸東京博物館へ。学芸員時代以来2回目の訪問です。

今授業中の教材研究を済ませました。ちょうど「えどはく寄席」が開演していましたが、ここでタイムアップ。両国駅下で昼食をとって秋葉原へ。


秋葉原は今を時めく街となって、訪れるたびに町の表情が変わっていきます。

自分が学生のころは雑多なオタクの町という印象でしたが、今はもう違います。

2011100817230000

AKB劇場まで見物する気持ちも時間もありませんでしたが、駅に付属のショップの前を通り堀田先生の祝賀会場へ。こちらもやはり人だかりでした。

2011年10月 5日 (水)

残り100日

学習発表会に向けての準備が続きます。

朝から1時間目にかけては、1人で学年の合唱とペットボトルパーカッションの指導を担当しているので、ここが最も踏ん張りどころです。もう一息ですが、少し形らしきものが見えてきました。

午後は就学時検診でした。

初めて2次面接を体験。

来年から就学する児童の未来を考えます。

支援が必要な子がかなりいることがわかりました。

放課後は明日から学年で一斉にスタートする百日日記に関する打ち合わせ。

短い時間でしっかり共通理解が持てたと思います。

2011年10月 1日 (土)

散髪

しっかりと睡眠をとりました。

朝一でかかりつけの医院へ。そのあとは少年野球の練習。

ノー仕事デーを誓っていましたが、午後は学習発表会用の物品購入などもあり、結局は慌ただしい休日でした。しかし心はずいぶんリフレッシュ。

髪をさっぱり散髪しました。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ